FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

管体割れ

こんにちは。
インフルエンザの流行はまだまだ続きそうですね。あうるのメンバーは今のところ大丈夫ですが、果たしてこのままかからずに流行を乗り切れるのか…心配です。

さて、今回は管体割れの修理です。

こちらオーボエです。

割れ

ぱっくり割れています。
こういったものは、その楽器に合った材質の木(グラナディラなど)の粉を割れ目に詰めて、接着剤で固定します。
その後、表面の割れ目からはみ出た部分などをヤスリで削り、形を整えます。

割れ直り

出来上がりがこちら。もうほとんど割れていたとは判らない状態に出来ました。
ぜひ管体が割れてしまったときは、あうるまで!

今回はこれだけではちょっと寂しいので…

スプリングドラム

スプリングドラムを鳴らす私です。遊んでいるわけではありません。直っているかどうかのチェックです。
雷のような音がなります。スプリングをぶつける場所によって音色が変わります。
なかなか面白い楽器です。

あうるホームページはこちら www.owl-msic.com

あうるデザイナーTaichiのブログはこちら http://ameblo.jp/music-owl/


修理お見積もりフォームです!お気軽にお問い合わせ下さい。
フォーム画像

スポンサーサイト
.29 2009 修理 comment0 trackback0

サックスネック…

こんにちは、竹中です。
もうじき、あうるの大切な足である「あうる号」(マツダボンゴ)の車検です。
結構費用がかかるようで、心配です。

さて今回は、サックスのネックです。
凹んでいます…

ネック

こういった凹みなどは、口に近いほど影響が出ます。つまりこの凹みは、もっともひどいところにあるということになります…
ネックやマウスピース、リガチャーなどは落としてしまったり、曲げてしまったりしやすい部分です。
扱いには十分に気をつけましょう。楽器は大切に…

ネック直り

コルクとキーを外し、凹みを直しました。
とても難しい修理でしたが、思ったより綺麗に出ました。

ただ、凹んでもいつでも元通りというわけにはいきません。(以前トランペットの記事でも触れましたが)
凹んだ部分や、凹み方によってはほとんど直らない場合すらありますし、直すのに時間や手間、費用がかかる場合もあります。
また、見た目は綺麗に直ったからと言って、吹いた印象や出る音色が全く同じである保障はありません。

気をつけてぶつけない落とさないのが一番です。

あうるホームページはこちら www.owl-msic.com

修理お見積もりフォームです!お気軽にお問い合わせ下さい。
フォーム画像

.26 2009 修理 comment0 trackback0

いろんな楽器

こんにちは、竹中です。
私は映画が大好きです。特に決まったジャンルはなく、何でも見るのですが、森や福本に最近ホラー映画をおススメしています。

ただ、私はホラー映画を怖いものと思う感覚がありません。面白がってしまいます。
だって作り物ですもの。懐かしいところで、リングなどは大笑いです。
一緒に見ていた友達に怒られてしまいました…
ですが、最近ススメたB級ホラー「スクワーム」の笑える部分は解かってもらえたようです。笑
ゴカイという虫が人を襲うお話です。非常にチープですが、ゴカイが人を襲うシーンの特殊メイクを担当した人がのちにスターウォーズのメイクをやっています。
ですが、チープです。たくさんのゴカイが出てきて気持ち悪いですが、あまりに多くのゴカイが必要な場面では明らかにゴムのゴカイです。笑 笑うしかありません。
ただ、気持ち悪さはピカイチですので、興味のある方はぜひご覧下さい。そして後悔して下さい。

さて、今回はお店にやってきたちょっと変わった楽器をご紹介します。

黒サックス

ブラックラッカーのソプラノサックスです。カッコいいですね。
楽器には、シルバーゴールド以外にも色々なラッカー、メッキがあります。
有名なものでは、ピンクゴールドなどでしょうか…
それぞれに違った響きがして面白いです。

ナチュラルトランペット

ナチュラルトランペットです。
これはバロック時代のトランペットで、ピストンがありません。
口と管に開いた穴を開けたり閉めたりすることで(これがピストンみたいなもんですね)音程を作ります。
今のトランペットとはやはり音色など全然違います。

三線森

三線です。沖縄の楽器です。

こちら森の私物ですが、森は沖縄に住んでいたことがあり、三線を弾けます。
森いわく、三線は胴の部分よりも、棹の部分が大切だそうです。
高級品は棹が違う…そうです。

もしお店に来られたら、森に三線で一曲とリクエストしてみて下さい。
きっと弾いてくれます。
どうしても弾いてみたい方もぜひ森まで!

あうるホームページはこちら www.owl-msic.com

修理お見積もりフォームです!お気軽にお問い合わせ下さい。
フォーム画像
.25 2009 その他 comment1 trackback0

ホルンその2

以前こちらでご紹介したホルンの続きです。

ホルン直し

ねじれ、凹みを直しました。そうとう苦労しました。
こんな強烈な凹みにはなかなか出会えません。

また進みましたらご紹介します!

あうるホームページはこちら www.owl-msic.com

修理お見積もりフォームです!お気軽にお問い合わせ下さい。
フォーム画像
.24 2009 修理 comment0 trackback0

トランペットの凹出し

こんにちは、竹中です。

最近少々体型が気になり始めました。ダイエットのためにヘルシアウォーターを試してみましたが、飲むだけではやはりだめですね。
運動らしい運動は特にしていないので、当たり前です。ゴルフの打ちっぱなしくらいしか行っていません…。
少しは運動するべきでしょうね…

さて、今回はトランペットの凹みです。

凹み

思い切り凹んでいます。しかも凹み方がきつい、角が立ってしまっています。
金属は角が立った凹み方をすると、それを出そうとしてもそこから破れてしまう恐れがあります。
金属が破れるイメージがなかなか湧かないかとは思いますが、本当にバリッと破れます。

ですので、慎重に芯金を当ててゆっくり出していきます。

叩き

万力で芯金を固定して当てて叩いたり、押し当てたりします。
急に叩いたり押すと破れます。慎重に思い切ってやります。

凹みが出ました!

無事出ました。こういった場合、管自体が破れなくてもラッカーが剥がれてしまうことが多いですが、今回はうまくラッカーも残せました。

しかし、やはり完全には元に戻りません。叩いた跡など残ってしまいます。
ですので、皆さん凹まさないのが一番ですね!

さてさて、今回は、少し修理の小話を一つ。

今回のような金管の凹みの修理は、日本の修理とドイツのマイスター(楽器の修理人の国家資格)の修理は大きく違いが出ます。

日本の修理では、外見が重視されます。どうしてもお客様も外見が綺麗に直っていないと、目にはっきり見えるため「直っていない」と判断されがちなので、ついつい外見を重視します。

しかし、マイスターの修理は内部の状態が最優先されます。
外見がボコボコでも内部の状態は綺麗、それを目指します。内視鏡を使用する場合もあります。

これはちょっと考えれば当たり前のこと。息を入れてそれが通るのは管の内側です。
そこが綺麗でなければどんなに外見が綺麗でもちゃんと鳴りませんよね。

こういった考え方がどうしても日本では浸透しきっていません。外見が重視されてしまうのです。
これは楽器を使う人間、直す人間両方に責任があると思います。

ただ、外見も大切であるという考え方も全く間違いではないと思います。
やっぱり見た目も綺麗な方が使う時は気持ちいいですよね。
練習中にちょこっとぶつけて凹むと気分が落ち込んで気持ちよく吹けないですよね。

楽器を演奏するということは、楽器の状態や技術も大切ですが、気持ちの部分もとても大切です。
ですので、皆さんが気持ちよく演奏できるように、万全の状態に整えることが私たちリペアマンの仕事だと思います。

それではみなさん、お身体には十分気をつけて下さいね。

あうるホームページはこちら www.owl-msic.com

修理お見積もりフォームです!お気軽にお問い合わせ下さい。
フォーム画像
.24 2009 修理 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

あうるスタッフ

Author:あうるスタッフ

ミュージックサポートあうる

管楽器修理 新品・中古楽器販売 チラシ製作

ピアノ調律 新品・中古ピアノ販売 音楽教室 

〒713-8102 岡山県倉敷市玉島1717-1

Tel/Fax:086-441-1501

平日11:00~22:00

日曜・祝日11:00~20:00

定休日:水曜日

bana6.png  岡山県倉敷市 中古楽器販売 中古管楽器販売 管楽器修理管a楽器修理 管楽器凹み直し

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。